トークンの購入方法

Home / トークンの購入方法

ICO PreSales will start in

weeks
0
-4
days
0
-6
hours
-1
-2
minutes
-4
-7
seconds
-3
-5

トークン購入準備

仮想通貨取引所で口座開設

日本の仮想通貨取引所はQUOINE、bitFlyer、ビットバンクなどたくさんあります。
ネット上に情報はたくさんありますので使いやすさや安全性を確認し、口座開設を行いましょう
(ただし多くの口座ではICO Tokenを受領できないことに注意してください)
仮想通貨取引所の選び方のポイント
  • 安全性が高いこと
  • 手数料が安いこと
  • 画面が使いやすいこと
円などの通貨をEthereumへ交換

ICOは基本的にEthereumでの払い込みとなりますので、法定通貨をEthereumへ交換を行います。
Ethereumへの交換は登録した仮想通貨取引所のFAQをお読みの上、慎重に行って下さい。
ICO Token受領口座を作成

MyEtherWalletは資金調達プログラムにEtheriumを送るために使用できる信頼出来るサービスとして人気がありますが、MyEtherWalletの他にも購入パートナーはMistやParity、imTokenなどもあります。

日本の仮想通貨取引所によっては、ICO Tokenを受け取れないケースが多いため、MyEtherWalletのWalletを作成します。

そして仮想通貨取引所の自己口座からEthereumを、作成したWalletへ送付します。

ICO案件への申し込み


ICO案件を探し、企業のWhitepaperを読んだ上で、購入したいICOへ申し込みを行います。人気案件は必ずしもTokenの割り当てが受けられないことに注意しましょう。

また、購入したいICOプロジェクトについて、Etheriumなどを送付すべきコントラクトアドレスは必ず、プロジェクトの公式websiteや公式ブログで指定されているもののみを信じるようにしてください

Token購入


割り当てが決定したら指示に従って、Walletより企業の指定されたアドレスにEthereumを送金します。この時、指定アドレスが公式のものかどうかよく確認してから送りましょう。
Token発行会社で入金確認後、一定期間後にWalletにICOのTokenが送られてきます。
Walletで送られたTokenは、発行会社のサービスを享受したり、セカンドマーケットでの売買をしたりするまで大切に保管してください。

取引所への申請準備と申請承認

ICOが成立した後、多くの企業では取引所への上場交渉を開始します。取引所による審査を経て、需要が大きいと判断された場合に取扱が決まり、その取引所の上でTokenの売買が可能となります。
当該取引所での口座開設

取引所に上場し売買可能となった場合、その取引所で取引するためには、該当する取引所で口座を開設する必要があります。
取引所口座へTokenを移動

Tokenを売買するために、先ほどの説明で作成した口座へTokenを移動をさせます。以上で売買が可能になります。